医療費の打ち切り


交通事故の被害に遭ってケガを負った場合は入院・通院による治療を受けます。そのための医療費を負担する責任を負うのは加害者であり、加害者の保険会社が支払いを行ないます。被害者は自己負担なしで治療を受けることが可能です。しかし、この医療費の負担をめぐる問題も起こり得ます。

女の子交通事故の被害に遭い、ケガをしてしまった場合の治療は、自己判断でやめてしまってはいけません。治療のやめどきはドクターが完治したまたは症状固定になったと告げたときです。症状固定というのは、これ以上治療を継続しても、現状よりよくなることはない状態のことです。自己判断はしない、医師の判断にゆだねるということ以外に、保険会社による医療費の打ち切りの申し出に応じてはいけません。

いったん医療費の打ち切りに応じてしまうと、その後の治療にかかるお金は自己負担になります。また、まだよくなる見込みがあるのに治療自体をやめてしまうと、痛みなどの症状が残ったままその後の生活を送っていかなければなりません。そのほか、途中で治療を受けなくなってしまうことで、加害者に請求することが可能な入通院慰謝料が安くなってしまいます。こういった不利益を被りたくないという方は、弁護士が介入することでトラブルを回避することができます。