低額の賠償金提示


交通事故で受けた被害に対する賠償額の算定基準としては、大きくわけて自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準をあげることができます。一番賠償額が安いのは自賠責保険基準であり、次に安いのは任意保険基準、一般的に最高額になるのは裁判所基準です。交通事故の示談交渉を加害者の保険会社と行なう場合、採用されている賠償額の算定基準は任意保険基準です。任意保険基準というのは保険会社が独自に決めている支払基準です。一方の裁判所基準は、裁判で裁判所によってこれまでに認められてきた賠償額に基づいて算出されるものです。

弁護士保険会社は加害者の味方であり、示談金を低く提示することで自社の損失をできる限り少なくしようとします。自社で積み重ねたノウハウ、豊富な法律的知識や示談交渉の経験がある保険会社の担当者、保険会社と手を組む法律の専門家である顧問弁護士までを相手にして交渉しなければいけません。法律の知識や交渉の経験がない、個人である被害者だけでは太刀打ちすることはほぼ不可能といっても過言ではありません。そこで、弁護士の力を借りることが重要なのです。弁護士が介入することによって、任意保険基準ではなく裁判所基準の賠償金となるよう示談交渉を進めてくれます。

≪参考リンク≫示談の過程:交通事故被害者救済サイト