低い後遺障害等級認定


交通事故高額な示談金の支払いを受けるには、後遺障害の等級認定を取得することが重要です。後遺障害というのは、交通事故で負傷し、治療を続けても完全によくなることなく残った障害のことで、1~14等級まで存在します。等級によって後遺障害慰謝料の金額に違いがありますが、最低と最高では3,000万円近くの差があります。無等級で1円も受け取れないこともあります。また、後遺障害慰謝料のほかに加害者には逸失利益を請求することが可能ですが、年収が高い方では1億円を上回る金額になることもあります。高額な示談金を受け取るためには、適切な後遺障害の等級認定を受けることが不可欠です。

そしてそのためには、ドクターは症状固定したと判断するまで、治療を受け続けなければいけません。そのあとで適切なやりかたで後遺障害認定の申請をすることが重要です。しかし請求では多くの書類が必要で、医学的知識も要求されます。手続きも専門的なもので複雑です。被害者自身が単独で行なうには負担が大きく、適切な等級認定を取得できずに金銭的に損をしてしまう可能性が高いです。交通事故問題に強い弁護士であれば、適切な方法で後遺障害の等級認定の手続きをサポートしてくれますので、交通事故被害に遭った際にケガをした方は弁護士に相談・依頼するに越したことはありません。